ご相談事例

  • 【 ご相談事例 】
  • 19.3.29

【借金】期日が差し迫っていて…

私どもは、愛知県一宮市で不動産売却を専門に取り扱い、売主様のお立場やお気持ちを理解しながら

最適なご提案とお手伝いをしていくことに努めています。

今回は、そんな我が社にご相談にいらした一人のお客様のお話をご紹介いたします。

=========================================

 

~~~  破産に伴う売却を…  ~~~

法人が破産することになり、破産申立人の方とお話しする中で、破産管財人の弁護士の先生からご相談をいただきました。

 

~~~  売却に残された時間は、わずか…  ~~~

お話を伺ってみると、すでに競売申立(※1)がなされており、競売開札期日(※2)が2か月後に迫った状態でした。

仲介で任意売却しようとしても購入希望者を見つけるまで時間の余裕がなく、万が一競売になった場合、債権者に支払う弁済額が減ってしまうことが予想されます。

 

そのため、開札期日が来る前に任意売却を出来るように、複数の買取業者で買取金額を算出してもらうと同時に、私どもで買取する場合の金額も計算し、一緒にご提案いたしました。

結果、複数の業者の算出した金額よりも、私どものご提案した金額が一番高く、私どもの買取であれば直接買取となり仲介手数料も不要になるので、債権者の方々も納得され、無事に任意売却としての手続きを完了いたしました。

 

  1.  競売申立・・・債権者から裁判所に競売開始を申し立てること。申し立てに問題が無ければ、裁判所より競売開始決定通知書が届き、不動産は差し押さえられ、競売の事実が公開されてしまいます。
  2.  競売開札期日・・・入札書を開封して、一番高く買ってくれる買受希望者(最高価買受申出人)を決める日、つまり落札者が決定する日

 

 

~~~ 喜んでもらえた点 ~~~

債権者の方々には、任意売却となったことで弁済額もより多く取り戻せたことを、弁護士の先生には破産手続きに関して不動産の現金化をスムーズに行えたことをお喜びいただけました。

 

=========================================

売主様にお喜びいただけることが、私どもにとっても何よりの喜びとなります。

ご相談者様の納得・満足いく売却を可能にするため、今後も日々精進してまいります。

数ある不動産会社の中から弊社をお選びいただき、誠にありがとうございました。

売りたいのに困ったときの

不動産レスキュー

TOP