我が家の買い替えのタイミング

不動産の購入・売却がからむ買い替えの疑問にお答えします。

良く聞く「購入が先or売却が先」問題。現実は?

『売却が先』となります。
買い替えの場合、現在の住まいの住宅ローンを完済しないと、次の住宅ローンは組めないのが原則です。
一部金融機関に同時に組める商品(住宅ローン)もありますが、年収が高い方でないとなかなか審査が通らず借りられません。借りられたとしても、二重のローン支払はかなりの負担となります。

売却資金で現在の住宅ローンの完済が見込めたとしても、実際にはいつ買主が現れるか、いつ入金があるのか分かりません。 その状況では、次の希望物件を買う(=物件を予約、とっておく)ことができません。売主様(もしくは仲介会社)が待ってくれないからです。

現実的には先に売却を行い、いったん賃貸などに入居した上で、次の住まいを探していきます。
気に入った物件があるからどうしても今すぐに買いたいという方は、『買取』という方法になります。



一般的な買い替えの流れは下記の通りです。


買替えの一般的な流れ

相談する不動産業者の選び方も重要なポイントです

購入・売却をどちらも行わなければいけない『買い替え』は銀行との打ち合わせ、売却時の買主とのスケジュール調整、次の購入物件の売主とのスケジュール調整など、難しい部分がたくさんあります。 経験豊富な会社に相談しましょう。

では、いったいどんな業者に頼めばいいのでしょうか?

普段良く目にする不動産業者の中には、直接買取をしていない業者が多く、その場合は買取業者に依頼しています。この場合、直接買取をしている業者であれば払わなくても良い仲介手数料を支払わなくてはいけません。
では、直接買取業者に相談した場合はどうでしょうか?買取専門業者は上記のスケジュール組みなどが得意ではありません。

セレクトは、
・『買取』としての即金提示(かつ仲介手数料不要)
・『仲介』としてのスケジュール決め         ができます!

            

まずは、ご相談下さい!

何度も申し上げますが、『買い替え』というものは非常に難しい部分が多いです。
お客様の資産状況や新生活へのご希望などを踏まえて、計画を練る必要がありますので、まずはお気軽にご相談下さい。
ここからは、よくあるご質問の一部とそれに対する回答をご紹介いたします。

売却する物件(売値)がローン残額よりも少なくなりそうだ!買い替えできる?

返済の足りない部分を、次の住宅ローンと併せて借りられる住宅ローンがあります。
審査は厳しいですが可能性はあります。
※詳細はご相談下さい。

次に住みたい家が見つかっている!急いで売却したいけど、どうすればいい?

上記にもありますが、仲介ではいつ買主が現れるか保証はなく、入金があるのも住宅ローンの関係で売買契約をしてから2ヶ月ほど先となります。
購入物件が決まっているのでしたら、現実的には買取という方法をとるしかありません。
買取であれば、条件さえ揃えば最短4週間ほどで、購入・売却の全てを終わらせることができます。


先頭に戻る