今、考える『相続』

相続に関する様々なトラブルにも対応実績がある、私達にお任せ下さい。

相続した不動産を持ち続けることが本当に家族の為になりますか?

実家を相続したが、すでに自分の持ち家があり、使わない。
でも、せっかく親が遺してくれた物だし、いつか使うかもしれない。残しておけばいいか。
遺産を相続したら、誰しもがそう思うことでしょう。

しかし、相続した不動産には毎年の固定資産税が発生し、遺族に金銭的な負担がかかります。
また、持ち続けるのであれば、それ相応の管理・修繕を行わなければ、人の住まない家は痛みやすく、不動産の資産価値はどんどん下がってしまいます。

"そのまま"次の世代に残していくことが、果たして『財産』となるのでしょうか?

相続した不動産を放っておくと…
            

複雑でわかりにくい『相続』をスッキリさせましょう!

そうは言っても、相続ってどうしたらいいかわからない。
遺産を遺された方・受け取られた方の状況で、様々な問題が浮上する相続は、複雑でわかりにくいのが実情です。
ここからは、実際にいただいたご質問とそれに対する回答を一部ご紹介いたします。

親が遺言を残さず、逝去。兄弟三人で遺産は実家のみ。どう分けたら良いか?

法定相続分でいくと、1/3ずつ【※ご両親が亡くなっている場合】です。
実家の名義を共有名義にすることも出来ますが、実際は「使う人だけが得!?」ということになってしまうので 売却して、現金化したものを1/3ずつ分ける方法が後になってトラブルが生じることもなく一番スッキリします。

親が残した家と畑。似たような立地で同じ坪数なら兄弟でそのまま分けても問題無い?

実際に換金してみなければ正式な公平性は計れません。
隣り合っている土地でも、陽当たり・接道方位・敷地の形によって価格が変わるくらいです。

親が亡くなり家を相続。相続税もかからなかったしこのままにしておけば良い?

個人の自由ではありますが、近所の方に迷惑がかかり近隣トラブルになるケースも。
また、固定資産税もかかりますので、売却されるか賃貸で収益をあげる方が経済的な負担も減り良いと思います。

相続した不動産。管理は大変だけど売却して現金化すると、使ってしまいそうで不安…

現金化することによって、使ってしまう不安のある方は、生命保険に変えておくことをお勧めします。
保険にすることで、財産を使い込むこともなく次世代に引き継げますし、受取人の指定をすることによって、 死後の遺産分割・相続もトラブルが生じることなく、スムーズに行えます。

相続した不動産を高く売りたい。売却しやすい時期や季節はあるのか?

エリアの相場・対象不動産ごとの個別格差がありますので、
その中で適正な価格をつけることが結果、高く売れることになります。
「売れ残さず」に売っていくことが一番大事です。
一般的な時期としては、正月明け・春・秋に購入希望者様が増え、良く売れています。

親の住んでいたマンションを相続。資産価値の高いうちに売りたいけど、相続税を払った上に譲渡税を払うなんて損している気がする。お得な方法はないの?

相続開始後、3年10ヶ月以内であれば「取得費加算」という特例があり、譲渡税が抑えられる可能性があります。
 ※詳しくは弊社スタッフにご確認下さい。

相続した親の土地(親の名義)を売るには、何から始めれば良い?

相続人同士で話合いがついていれば、遺産分割協議書を作成し、相続登記を完了した後に売却が出来ます。
 ※弊社では、士業の先生方とも独自のネットワークを持ち、ご相談に適した先生をご紹介することも出来ます。
  詳しくは弊社スタッフにお気軽にご相談下さい。

相続した土地(家)に抵当権がついていた!売却することはできない?

銀行に対象不動産の残債を確認してもらい、売れる金額で全額返済が出来るのであれば売ることが出来ます。
 その他のケースはこちら。  お気軽にご相談下さい。

私達にお任せ下さい!

不動産セレクトの代表取締役、青木俊宏は『愛知県一宮相続遺言相談所』の一員として活動しており、
専門家との協力の下であらゆる相続問題に対応してまいります。
無料相談も随時行っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

※愛知県一宮相相続談所では、各種専門家(弁護士、税理士、司法書士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー・相続診断士)が協力し、ワンストップで相続問題に対応するという体制を整えています。
相続人間での紛争、相続税の申告、不動産の名義変更、不動産売却などあらゆる事案に対応可能です。
定期的に相談会を開催しており、多数のお客様からご相談をお寄せいただいております。

私たちにお任せ下さい!

先頭に戻る